Home
 
幼稚園案内 スケジュール カリキュラム お知らせ お問合せ

 

Q   まだ、おむつが取れていないのですが入園時までに取らないと入園できませんか?

A おむつが取れていなくても入園していただけます。
  トレーニングパンツやパンツを何枚か持たせていただいて園にいる間はパンツで過ごして、
  徐々に取れる様、練習を していきます。又、排泄後おしりが拭けない等の不安も子供達と共に先生がトイレへ付いて行き
  手助けをしていますので、ご安心ください。


Q  自宅のトイレが洋式の為、和式のトイレでは排泄ができません。大丈夫でしょうか?
A  当園では、洋式3カ所、和式3カ所(外も含め)のトイレを設けています。
   和式タイプの館にいる子ども達の中でも不慣れな子は、洋式タイプの館へ移動して使用しています。


Q  着替えが、まだ1人でうまくできないのですが、入園までに練習しないといけませんか?
A  入園当初は1人でなかなかうまくできない子が多いです。ボタンや襷等は勿論排泄時やプールの際の着替え等、
   1人ひとり手助けをしながら皆と一緒におこなっていく内に少しずつ、できる様になっていきますのでご安心下さい。


Q 食事の際に1人で食べられないと片付けられてしまうのでしょうか?又、マナーや 箸の持ち方等は教えてもらえますか?
A  お友達と一緒に食べる事の楽しい気持ちが持てる様に配慮するところから、始めています。
   食が進まなかったり苦手なものがある時には、小さく切って口に運んであげたり色々工夫しながら手助けをしています。
   少しずつ、自分で食べられる様に長い 目でゆっくり進めています。
   マナーや箸の持ち方については、毎日の流れの中で
   その都度、声を掛けながら正しい事を自然に身に付けていける様に促しています。


Q  好き嫌いが多く、食も細いので心配ですが、給食の量はどの位ですか?
A  おかずの量は個々に合わせてその都度、様子を見て配膳しています。
   又、当園では牛乳が1本(180cc)ですが、入園当初はコップに分けて少量から始め、飲める様になったら増やしていっています。


Q  アレルギー体質で食べ物に制限があるのですが給食は配慮してもらえますか?
A 卵とじうどんであれば卵抜きで別に作ったり乳製品は除くなど、その子に合わせて部分的に変更する事は可能です。
   入園時にお話いただければ配慮させて頂きます。


Q  各学年のクラス分けはどの様に決められるのでしょうか?
A  当園では年少時から小学校区別に分けて人数を調整し、クラスを決めています。


Q  延長保育は何時までですか?延長保育代はいくらですか?

   また、早朝保育についても教えて下さい。

A 延長保育は夕方6時まで、月額2000円でお預かりさせていただいております。

   早朝保育は7時30分からです。7時半から8時までで、月額1000円でお預かりさせていただいております。


Q  私立幼稚園は収入に関係なく一律で授業料が高いというイメージがあるのですが?
A 当園はカリキュラム一つひとつに特別な料金をいただいたり、各行事にかかる費用をその都度いただく様な事はありません。
   又、第2子目から授業料を減額させていただいております。


Q 制服が変わる様な事を知人から聞きましたが、本当ですか?

A いいえ、在園児のご父兄にアンケートをとらせていただき、さまざまなご意見を頂いた結果
  
☆ 夏のポロシャツ素材を綿100%に変更

  ☆ 麦わら帽子のリボン部分の変更
  ☆ 冬スモックの胸と、左腕部分に名札を通すループを追加

  ☆ 通園バッグの変更

     制服のデザインは全く変わらず、従来通りです。

 

Q.地震や台風等の緊急時にはお迎え等のメールや連絡が幼稚園から来なくても子どもを迎えに行っても良いですか?
A.地震の規模や被害、台風などによる警報などの有無に関わらず、保護者の方でお子様のお迎えが必要だと

  判断されましたらお迎えに来ていただいて構いません。
  災害の規模によっては通信手段が寸断される恐れもあります。その際は保護者の方のご判断でお願い致します。
  事前に災害による被害が予想される場合は、幼稚園からメールにて自宅待機やお迎えの連絡をさせていただきます。

 

Q.災害時はいつまで子どもを預かってもらえますか?
A.基本的には保護者の方がお子様をお迎えに来られるまでお預かり致します。
  保護者の方は、道中、ご自身の安全を確保の上、少しでも早くお子様が安心できるようお迎えにお越し下さい。

 

Q.幼稚園の建物の耐震はどのようになっていますか。
A.当園では耐震補強工事も行っており、建物の倒壊は免れるかと思いますが、海抜0メートル以下地帯の地域になりますので、液状化   現象や浸水などは予想されます。
  そのような場合は、当園の三棟ある建物のうち一番被害が少ない建物の2階に園児を避難させ、保護者のお迎えまで過ごします。
  園敷地内に備蓄用の食品や保温シートもストックしてあります。

 

Q.避難訓練の内容を教えて下さい。
A.当園では毎月避難訓練を行っております。内容は【火災】・【地震】・【不審者】を毎月入れ替えての内容となっております。
  火災訓練は火災発生場所を変えて訓練を行っております。
  地震訓練は晴天時、雨天時の場合それぞれを想定して行っております。
 不審者につきましては、各教室での保育時間中や、朝の登園時間中でほとんどの園児が園庭で遊んでいる時間帯など様々な時間  帯を想定して行っております。

 

Q.持病・小児糖尿病、てんかん等でも登園は可能ですか。
  持病薬は園で飲ませてもらえますか。

  風邪や溶蓮菌などのイレギュラーな薬は飲ませてもらえますか。
A.小児糖尿病等でインスリン投与の注射が必要な場合は、医療行為にあたりますので幼稚園教諭、職員は行うことができません。
  その為インスリン投与が必要な時間に保護者の方は園へお越しいただき、血糖値の計測やインスリン投与の注射をお子様にしてい  ただければ、ご入園、登園は可能です。
 

 また、てんかんにつきましては、発作を抑えるための薬を服用させる場合はご自宅で飲ませていただきます。
 また、毎日のご自宅でのお子様の様子を担任へお知らせいただきます。例えば、薬の増減によってだるさや眠さが増す場合もありま   す。予め、ご家庭での様子を園が把握することで、もしもの時に適切な対応が行えるように致します。
 不意の事故を防ぐためにもバスのご利用をお断りさせていただく場合もございます。
 また、プール指導日には保護者の方がお子様の監視にお越し下さればプール指導を受けていただくこともできます。

  持病薬につきましては、食物アレルギーなどで毎昼食前に必ず服用することが必要であれば園へご相談下さい。
 その他、毎日服用が必要である場合はご相談下さい。

 風邪や溶蓮菌等の薬は、基本的には幼稚園で投与することはできません。本来は保護者の方が昼食後に園へお出かけいただき

 お子様に薬を飲ませていただくか、降園後に飲ませていただくかのどちらかですが、どちらも不可能な場合のみ幼稚園へご相談下さい
 どのようなお薬でどのようなお時間に飲ませるか等をお聞かせいただけましたら、園でお薬をお預かりすることができる場合もありま すが、できない場合もございますのでご了承ください。

 

Q.5月の遠足では前日は雨が降っていて、当日は晴れているのに中止になる場合があるがそれはなぜですか。
A.午前8時に職員が現地へ行って遊具などの確認を行います。動画撮影等も行い他の職員も画像を通じて確認できるようにしています

 当日の朝に雨が降っていなくても、濡れていたり安全に遊ぶことができない状態でしたら遠足を中止させていただく場合があります。
 ぎりぎりの時間まで協議しておりますので、バスが出発するまでの早い時間に緊急メール等でご連絡をすることができません。
 園児の皆さんも楽しみにしている遠足ですので中止と聞いて残念そうにしていますが、その分、教室や講堂でゲームや集団遊びを行 い楽しく過ごします。
 平成29年度から遠足につきまして、雨天の場合や遊具の状況不良の場合は延期とさせていただいております。

 

Q.発表会や運動会の役決めはどのようですか。

A.運動会の年長鼓笛はお子様の普段の様子や体格、技術面などから負担のない範囲となるよう決めさせていただきます。
 発表会については、お子様のご負担になりすぎないよう、年中や年長の合奏や劇などで配役のバランスを取り、
 前年度の内容等を加味して決定させていただいております

 

Q.クラス写真を選んで購入できますか?また複数枚購入できますか?

A.選んで購入する方法を当園では今現在は行っておりません。複数枚購入ご希望のお写真がございましたら担任へお申し出くださいま したらご用意させていただきます。

 

Q.年長組対象のお泊まり保育がなくなったのはなぜですか?
A.お子様を夕方から夜、そして翌朝にかけて安全にかつ健康にお預かり出来るよう心がけておりましたが、
 安全や健康など以外にも様々な観点から現状のお泊まり保育を継続していくことが困難だと判断いたしました。
 それに代わって夕涼み会という行事に移行し、夜ならではの楽しい催し物を行うことによって、年長児の皆様に楽しい想い出を作って いただけますよう、職員一同努めさせていただいております。

 

Q.熱中症対策はどのようですか?
A.気温が30度近い日やそれ以上の日は、朝、帰りの外遊び時の水分補給の時間を一斉に設けています。
 遊び開始時間から10〜15分程で全園児に日陰で水分補給と休息をすることを伝えます。教員が園児一人一人の水筒のお茶の量を 確認し、水分補給量が少ない園児には一人一人声を掛け飲ませます。また、発汗量が多い園児には、園で用意しているスポーツドリ ンクを飲ませます。
 熱中症や脱水症状に気をつけ十分な配慮を行っておりますが、症状が思わしくない時や症状の改善が見られない時は直ちに保護者 に連絡致します。場合によっては救急搬送致します。

 

Q.病気やけがについてはどのような対応ですか?
A.発熱は基本的には37.5度を目安に保護者へ連絡し、お子様のお迎えの要請をお願いしますが、
 その他の症状も見られる場合(例えば、咳、鼻水、頭痛、腹痛、嘔吐など)は37.5度に満たなくても保護者に連絡をし、お迎えを要請 する場合もあります。
 怪我については、園内で処置できることについては処置を行います。園での処置では不十分であると判断した場合には、まず保護者 へ連絡し、怪我の様子や程度を報告し病院受診をすることを伝えます。基本的には幼稚園側がお子様を病院へお連れ致しますが、
 預かり保育中や行事等で幼稚園側が連れていけない場合もございます。病院へは教員がお子様と共にタクシーで向かいます。
 保護者の方は可能であれば保険証や乳児医療証をお持ちの上、病院へご同行をお願いしております。

 

Q.クラス分けは小学校区別でわかれているとのことですが、具体的にはどのように決まるのですか?
A.各小学校区の人数を元に年少20〜25人、年中・年長30〜35人で各クラスがほぼ均等になるようにクラス分けを行います。
 年少から年中に進級される際に年少で同じクラスだった子が一人もいないクラスに進級されることのないよう、十分な配慮を行いなが らクラス編成を行っておりますが、転居などの事情で小学校区が変更された場合はこのような配慮に相当しない場合もございますので ご了承ください。
 また、クラスの名簿、園児の名前、小学校区など個人情報が記載されているものの配布物の予定はありません。

 

Q.バスについて、どのようなルートを通っているのか知りたいです。

 また、バス時間を通年早い時間ではなく、早い時間、遅い時間と交代制にしてほしいです。

A.バスルートは毎年利用希望を調査した上でコースを組み直しております。
 コース上、時間によっては通れない道や通学路、通学時間を避けるなどの考慮をし、尚且つ安全に乗降をしていただけて
 近隣の方の御迷惑にならない場所にバスを停車させるなどの配慮をしながら決定をさせていただいております。
 この決定したバスのご利用時間をもとに、保護者の方の中にはお仕事の時間やご予定を決められている方がいらっしゃるようです。
 早い時間帯、遅い時間帯など様々なご要望やご意見はおありかと思いますが、年度の途中でバスの順番や時間を入れ替えてしまい ますと、バスを運行する幼稚園側、バス時間をもとに予定を組まれる保護者の方双方に混乱が生じてしまうことが予想されます。
 そのため、バスは一年を通じて同じ順番コースを運行させていただいております。
 また、バスのルートにつきましては、ご利用いただくコースのみ、バスの停留場所と時刻が書かれたバスコース表と共に、
 バス乗車時に伴う有事の際の緊急避難先が書かれた地図をお渡します。
 万が一の際はバス運行時刻をもとに、保護者の方が直接、バスルート上の避難場所へお子様のお迎えに行っていただきます。
 そのバスコース表と地図を照らし合わせていただきますと、お子様がご利用いただくバスのルートをご確認いただく事ができます。


   




ご氏名
ご住所
Eメールアドレス
電話番号
お問合せ内容